HOME>イチオシ情報>スイッチ交換や修理は専門業者に依頼!業者選びのコツ

スイッチ交換や修理は専門業者に依頼!業者選びのコツ

作業員

電気工事士の資格の有無を確認

照明のスイッチが壊れてしまった、といったトラブルの際、素人がDIYで修理しようと考えてはいけません。スイッチ交換作業は、電気工事士の資格がなければ大変危険な作業なのです。必ず、電気工事の業者の方に依頼しましょう。依頼した業者の方の資格の有無も、しっかり確認しましょう。交換作業に入る前に、業者側から提示があるかと思われます。もし向こうから提示がないようでしたら、こちらから催促してもよいでしょう。資格がない人ですと、スイッチ交換の危険性を正確に把握できていない可能性があります。スイッチには電気が通っていますので、ブレーカーを落としてから作業するなど、専門知識がないと感電の危険もあります。また、火災につながるなど事故を引き起こす可能性もあります。しっかり資格を持った信頼できる業者の方に頼みましょう。

工具

いつでも依頼できる業者を利用しよう

照明のスイッチの故障を夜に発見した場合、電気のオンオフができず真っ暗闇になってしまって、大変困った状態になります。そういったときのために、あらかじめ夜遅くまでやっている電気工事会社を調べておくと安心です。賃貸にお住まいでしたら、不動産会社で提携しているトラブル解決のダイヤルがあるかもしれません。その業者の営業時間を事前に確認しておき、もし夜に業務終了しているようであれば別の業者の電話番号も電話帳に控えておくことをおすすめします。スイッチ交換作業自体はベテランであれば数十分で終わります。点検などを依頼しておけば今後壊れそうなスイッチも交換してくれる場合がありますので、気になるようでしたら頼んでみるのもおすすめです。

インターホンの交換工事を進めよう